草食系投資で1億円!!

独立系FP(1級・CFP)による、日々の相場の動きに一喜一憂することなく、インカムゲインをメインとした草食系投資で資産を増やしていくことを主眼にしたブログです。

  投資を始めようと思っても何から手を付けていいかわからない、という声をよく聞きます。

 私なら積立nisaをお勧めします。理由は投資の知識がなくても損をしにくい投資だからです。
長期投資で負ける原因の多くは、相場が大きく下がったときに慌てて売ってしまう(狼狽売り)からです。
例えば昨年のクリスマスに日本株が暴落したときに真っ青になり慌てて売ってしまうようなことをする人は長期投資で勝てるようにはなりません。むしろ“これまでよりも安く買えるぞ、ラッキー!”くらいになりたいものです。

とは言え今回の暴落が一時的なものなのか暴落のスタートなのかはその時にはわかりませんし結果論にすぎません(もちろんまだ結果も出ていませんが)。ですからここで重要なのは「短期的な暴落の時には勇気をもって買う」ということではなく、短期的な動きに惑わされることなく自分の決めたルール通りに取引を続けることです。

しかしながら人間の心理として暴落しても淡々と買い続けるのは難しいことです。ですから積立nisaのように自動的に口座から引き落としてくれるような仕組みを利用するのです。

あとは
①自動的な積立を継続する
②ローコストのインデックス運用を選択する
③負けているときに投資をやめない
④プラスになったら(目標額に達したら)売る
だけです。

他に留意する点があるとすれば、長期的に成長が見込めないと思うものには投資しないことです。日本が貧しくなる一方だと思うなら日本の内需株は買うべきではないし、米中貿易戦争でアメリカが負けると思うならアメリカ株に投資するのはナンセンスです。そういったものに投資したらマイナスになった時に耐えられなくなってしまいますので長期投資に向かないのです。

 草食系投資で1億円といっても、実現可能性がなければ絵に描いた餅です。相場環境によって計画からブレが生じることは当然ありますが、インカムゲインをメインとした投資では、長期的にみると誤差の範囲内に収まります。ですから到達点に達するまでのグランドデザインを描いておくことが重要です。


 投資のために最初に用意できる資金、毎月(毎年)積み立てる資金、運用利回りがわかるといつごろまでに目標に到達できるかがわかります。私の場合最初に1000万円、毎月の積立がideco46,000円(夫婦分)、現金による拠出50,000円と、毎年の積立が積立nisa400,000円を年利4%で運用したいと考えています。そうすると2039年には1億円を突破することとなります。


 1億円を突破するまでに拠出する資金は20年間で4104万円です。そして2039年以降のインカムゲインは年間400万円、税引き後でも300万円以上となります。

 長い投資生活の中では良くも悪くも計画の見直しが必要となるとは思いますが、当面はこの方針で行こうと思います。

目次
当サイトに掲載されている広告について
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトへのコメントについて

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

〇当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
〇このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
〇このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
〇この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。



当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。
〇特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
〇極度にわいせつな内容を含むもの。
〇禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
〇その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

このページのトップヘ