フラッシュ・クラッシュはなかったものの

 今年のGWは10連休となり、その間に外資等の仕掛けによってフラッシュ・クラッシュが起こるのではないかと散々あおられていましたが、GW中は大きな動きは起こりませんでした。

しかし5日にアメリカのトランプ大統領がツイッターでChinaへの関税を10日から10%→25%に引き上げるとツイートしたことから、GW明けの7日、8日の日経平均は2日合わせて600円以上下がりました。

米ドル円は110円前後でもみ合い

 一方為替相場は少し円高傾向で、米ドル円のGW前の4月26日の終値は111.6円程でしたが、今週に入って円高が進み110円前後でもみ合っている状況です。

   これからどちらに進むかはNYダウを始めとした株価がどちらに向かうかによると思われます。個人的には米国株は高値圏にある上、5月はセル・イン・メイの時期でもあるため、株式市場は調整しやすい時期かと考えています。

10連休を終えてのポジション

 私のポジションは、10連休を前に米ドル円を全て売ってしまっていましたが、連休中はフラッシュ・クラッシュ時に美味しいポジションが仕込めればということで108.5円に指値をしており、連休明けの早朝にそれらしい動きがなかったことから、110.5円に指値を変更していました。

110.5円のポジションは昨日NY時間に刺さり、そのまま110円まで落ちてしまったので、短期的にみれば失敗ですが、GW前に112円近辺で売っていたものが110.5円で買えたことから、長期的に見ると建値を下げることができたのでまずまずだと思っています。

 株式の方はもっと下がってくれば買える銘柄が出てくるかもしれませんが、今のところ買い増しはしていません。世間が『えっ、そこまで下げるの!』と思うくらいの値に指値をしてじっくり待とうと思います。  



金融・投資ランキング
スポンサードリンク