アメリカがリセッション懸念で利下げ観測が強まる

 昨日6月3日にアメリカ供給管理協会(ISM)が3日に発表した最新5月のISM製造業景況感指数が52.1と、予想外に4月の52.8から低下したことにより、米ドルはユーロドルを中心にドル安方向に動き、ドル円相場は1ドル108円を割り込みました。
 市場は今後年2回ないし3回の利下げがあることを織り込み始めており、長期金利も2%台前半へと低下してきています。

米ドル円は100円に向かう?!

 そんな中、米ドル円は105円→100円と円高が一層進むという観測がチラホラみられるようになりました。長期的には為替相場は金利差およびインフレ率によって動くものなので、あながち間違ってはいないと思われますが、突発的なことが起きない限り一気に100円に向かうとは考えにくいです。

   しかも米ドル円は利下げしたとしても、先進国の中ではかなりの高金利ですので一方的に資金が流出するとは考えにくく、他のリスク資産からの逃避先としての受け皿になりえますので、他通貨よりも極端な動きは見せないのではないかと考えます。

 

円高は積立投資にとってチャンス

 今後相場がどう動くかはわかりませんが、私はいつも通り月初の米ドル円積立を1ドル108円で行いました。積立方法はバリュー平均法によるもので、今月は相場が平均取得単価より下がったため2,433通貨=262,764円分 を購入しました。これによりレバレッジは1.02倍になりました。

定期預金替わりと考えていますのでリスクはほとんどとっていませんが、現時点で月額12,000円ほどの利息(スワップ金利)を受けながらのんびり持っていく方針です。

 このまま円高が進んでいけば購入数が増えてレバレッジは上がっていきますが、平均取得単価が下がるため数年後に相場が戻ってきたときにはそこそこの利益が出ます。その日を気長に待ちたいと思います。 



金融・投資ランキング
スポンサードリンク