6月の非農業部門雇用者数は大幅増

 昨日7月5日(金)に発表された米雇用統計において、非農業部門雇用者数は前月比22万4千人増とエコノミスト予想の16万人増を大幅に上回りました。

 これを受けてNYダウは一時200ドルを超える下げを記録しましたが、終値ベースでは43.88ドル安と小幅の下げにとどまりました。雇用統計の数字が良かった場合、7月の利下げ幅が0.5%ではなく0.25%に後退するのではないかという思惑から、米10年国債の利回りが2%を超えたため株価が下がったのですが、トランプ大統領の発言を受けた形で持ち直して終了という結果になりました。

 為替相場は米国債の利回りが高くなったため、米ドルに資金が集まり、米ドル円は1ドル108.5円近辺、ユーロドルは1ユーロ1.12ドル台前半で取引を終えました。

注目は7月10・11日の議会証言

 では実際にアメリカの7月の利下げ幅が何%になるかということですが、これはFRB議長が半年に一度行う議会証言での発言でわかるため、10日の下院金融委員会、11日の上院銀行委員会が注目されます。

 来週はそれまでは様子見相場となり、振れ幅は少ないと考えられますが、議会証言で予想外のことが出てくると相場が大きく動く可能性がありますので注意が必要です。

 

今週は株高円安で取引なし

 私個人の取引は今週も0でした。G20後の為替の急変に備えた米ドル円の105円の指値は、月曜日の東京時間に107.5円まで引き上げたのですが107.533円までしか下がらなかったためにポジションを増やすには至りませんでした。今週も指値はそのままにして下で待つ戦略で行こうと思います。

 株式についても全面高だったため新規取引はありませんでした。こちらについても指値は変えずに落ちてくるのを待ちたいと思います。



金融・投資ランキング
スポンサードリンク