草食系投資で1億円!!

独立系FP(1級・CFP)による、日々の相場の動きに一喜一憂することなく、インカムゲインをメインとした草食系投資で資産を増やしていくことを主眼にしたブログです。

タグ:大型株

NYダウが今年最大の下げ

 3週間前に史上最高値を更新したNYダウですが、7月FOMCの利下げ幅が0.25%にとどまり、米中の貿易戦争再会を経て昨日は767ドルも下げ、最高値からすでに1,700ドル近く下がってきました。

昨日の下げは今年最大の下げ幅だったため、そのインパクトは大きく今日の日経平均株価も大きく値を下げて始まりました。

  

為替操作国認定による円高

 さらに日本時間の今日早朝には、アメリカ財務省が中国が自国の通貨を不正に安値に誘導しているとして25年ぶりに為替操作国に認定すると発表しました。今さら感は拭えませんが、あえてここで正式に為替操作国認定をしたことにより、アメリカの本気を示したと言えます。

 これにより、さらに世界経済の不透明感が増したとして米ドル円は一時105円50銭近くまで急騰しましたが、その後マイナスで推移していたNYダウ先物がプラスになったため、米ドル円は107円近くまで円安となり、日経平均株価も下げ幅を縮めました。

  

今日は約定ラッシュになるかと思ったが…

 朝の日経平均および個別株の下げ幅を見て、今日は下値で指値をしていた銘柄が次々と約定するのではないかと思いましたが、結局は住友商事(8053)を1,486円で100株購入するだけにとどまりました。

 これで今年のNISA口座の枠は残り50万円ほどとなりました。今回の下げが一過性のものでなければ近いうちにすべての枠が使い切れるかもしれません。その時には特定口座での購入に移行します。  

 私の現在の購入基準は大型株で高配当(購入時年率6%)以上のものと、高いハードルを設けていますが、今日のような急落相場は株価が行き過ぎることが多いので意外と指値にかかってくれます。安値で買って長期保有するには有難い相場です。



金融・投資ランキング

ダウの犬投資法とは

 みなさんは『ダウの犬投資法』というのをご存知でしょうか?

 『ダウの犬投資法』は高配当銘柄に投資することでインデックス投資を上回るリターンを目指すという、初心者でも気軽に実践できるシンプルな方法にも関わらず投資のプロにも負けない成績を狙うこともできる投資戦略です。

具体的には、12月31日(営業最終日)にダウを構成する30銘柄のうち、配当利回りの高い10銘柄を購入し、翌年の12月31日にその時点での配当利回りの高い10銘柄に差し替える、ということを毎年繰り返していく投資法です。

 『ダウの犬投資法は』、配当利回りが高い=株価が低い株であるため、高配当を得ながら値上がり益も得られる一石二鳥の方法です。また、株価が上昇した株を売り、株価が低迷している株を買うというサイクルを繰り返すという意味では、逆張り投資ということもできます。

この戦略のキモは

 この戦略のキモは、対象がダウ平均を構成する超優良銘柄にあります。世界を代表する超優良企業のため倒産するリスクが低く、一時的に業績が悪化しても時間の経過とともに立ち直るという前提の下で取引ができます。良くも悪くも株価は平均に回帰することを想定しており、一方的に株価が下がり続けるリスクは低いと考えているのです。

配当は再投資を重視

 高配当銘柄にはディフェンシブな株が多く、超優良企業の株は変動幅がそれほど大きくないことから、好景気の時の爆発力はないものの、不況の時には強いという傾向があります。そのため値上がり益においては、インデックス投資の方が利益が多い年も少なからずあります。

しかしながら高配当銘柄の特性を活かし、インカムゲインをコツコツと再投資することによって、長期的には複利の力でインデックス投資を上回ることができます。逆に言いますと配当を再投資しないのであれば『ダウの犬投資法』を行う意義がなくなりかねません。

大切なのはこの投資法の強みを理解し活かすこと

 あえて年末ではなく1月にこの投資法を紹介したのは、『ダウの犬投資法』を使いましょう、と言いたかったからではなく、この方法の「大型株の中で配当の高い銘柄を、配当利回りが高い=株価が下がっている時に購入し、相場全体が低迷しても慌てることなく、コツコツと再投資をして資産を増やす」という長期投資のやり方を再確認するのに適した方法だからです。

長期投資を考えている方にはぜひ参考にしていただければと思います。

ダウの犬投資法 ──プロにも株価指数にも勝つ「単純」戦略
マイケル・B・オヒギンズ
パンローリン株式会社





金融・投資ランキング

このページのトップヘ