草食系投資で1億円!!

独立系FP(1級・CFP)による、日々の相場の動きに一喜一憂することなく、インカムゲインをメインとした草食系投資で資産を増やしていくことを主眼にしたブログです。

タグ:高配当株

NYダウが今年最大の下げ

 3週間前に史上最高値を更新したNYダウですが、7月FOMCの利下げ幅が0.25%にとどまり、米中の貿易戦争再会を経て昨日は767ドルも下げ、最高値からすでに1,700ドル近く下がってきました。

昨日の下げは今年最大の下げ幅だったため、そのインパクトは大きく今日の日経平均株価も大きく値を下げて始まりました。

  

為替操作国認定による円高

 さらに日本時間の今日早朝には、アメリカ財務省が中国が自国の通貨を不正に安値に誘導しているとして25年ぶりに為替操作国に認定すると発表しました。今さら感は拭えませんが、あえてここで正式に為替操作国認定をしたことにより、アメリカの本気を示したと言えます。

 これにより、さらに世界経済の不透明感が増したとして米ドル円は一時105円50銭近くまで急騰しましたが、その後マイナスで推移していたNYダウ先物がプラスになったため、米ドル円は107円近くまで円安となり、日経平均株価も下げ幅を縮めました。

  

今日は約定ラッシュになるかと思ったが…

 朝の日経平均および個別株の下げ幅を見て、今日は下値で指値をしていた銘柄が次々と約定するのではないかと思いましたが、結局は住友商事(8053)を1,486円で100株購入するだけにとどまりました。

 これで今年のNISA口座の枠は残り50万円ほどとなりました。今回の下げが一過性のものでなければ近いうちにすべての枠が使い切れるかもしれません。その時には特定口座での購入に移行します。  

 私の現在の購入基準は大型株で高配当(購入時年率6%)以上のものと、高いハードルを設けていますが、今日のような急落相場は株価が行き過ぎることが多いので意外と指値にかかってくれます。安値で買って長期保有するには有難い相場です。



金融・投資ランキング

1月は買いたい価格で買える銘柄がなかった

 私が個別株で狙っているのは大型株かつ高配当の銘柄です。理由としては価格変動が比較的緩やかなことと、株価が下げると配当利回りが良くなりそれを見た投資家の買いが集まりやすくなるため株価が持ち直しやすいからです。

 但し株価を気にせずにそういった株を買うわけではなく、『A株は配当利回りが○○%になったら買い』『B株は配当利回りが△△%になったら買い』と自分なりのルールを決めていて、その値に指値を入れています。

 今月は月の後半になるにつれて株価が上がって来る展開となったため、結局1つの指値も刺さらずに月が終わってしまいました。今後の株価の推移はわかりませんが、2月、3月も同じように取引が0で終わる可能性もありますが、それはそれで全然かまわないと思っています。  

 

配当を受けることより安値で買うことを重視

 『折角高配当銘柄を買うのだから次回配当がもらえるまでに買いたい』というのは人情ですが、私は『数回配当がもらえなくても安く買いたい』と思っています。それはそもそも株式投資は『安く買って高く売る』のが基本であり、その後配当を受け続けるためにホールドするにしても安く買った方が効果が大きいためです。

 購入した株が下がった場合は配当は痛み止めのような効果は与えてくれるものの、やはり高値で買った株が下がるのは辛いものであり、そうならないようになるべく安値で買う方が精神的に楽な投資ができるからです。そして精神的なゆとりは次の投資へのアイデアを考えるゆとりを与えてくれます。そういった好循環を生むためには高配当だからと安易に買わず、じっくりと安値圏まで下がってくるのを待つべきなのです。

株価が上がればキャピタルゲインを受ける

 私はインカムゲインを主とした投資方針ですが、キャピタルゲインを全く受けない投資ではありません。株式購入時の配当利回りの10倍のキャピタルゲインが取れる場合は一旦売る、ということもします。

 例えば1株1000円でC社の株(年間配当50円)を購入した場合、配当利回りは5%ですが、株価がこの10倍の50%以上上がった場合(1500円)、売却して他の銘柄の購入チャンス資金に回すこともあるということです。
もちろんそのままホールドする戦略を取ることもできますが、私の中では10年分の配当と同額を受け取れば十分と考えているため売却してしまいます。ここら辺は人それぞれの考えといったところです。  



金融・投資ランキング

このページのトップヘ