草食系投資で1億円!!

独立系FP(1級・CFP)による、日々の相場の動きに一喜一憂することなく、インカムゲインをメインとした草食系投資で資産を増やしていくことを主眼にしたブログです。

タグ:JT

またもや米中貿易摩擦の影響が

 今日8月26日(月)の株価及び為替は、先週末のチャイナ、アメリカ双方の関税の引き上げ合戦の影響で、株安・円高で始まりました。日経平均はシカゴ先物では20,000円割れでしたので注目していましたが、東京市場では最安値が20,173円、終値は20,261円で終えました。為替は朝一番は下に窓を開け、米ドル円では104円80銭近辺(FX会社によって異なる)から始まりました。

 貿易戦争は短期間では決着を見るわけがないのは明らかですが、毎回のように相場を動かす材料として使われており、今後も両国の言動に一喜一憂して相場に影響を与えていくことは間違いなさそうです。

  

105円で指していた注文が約定

 私個人のポジションとしては、105円に指値をしていた米ドル円の買いポジション2,171通貨が約定し、合計で53,430通貨となりました。レバレッジは1.05倍です。

 実際には私が使っているSBIFXトレードさんは、買いポジションの指値より週明けの始値が低い場合、始値で買ってくれるので104.8093円で買うことができました。株式では当たり前かしれませんが、FXでこのようにしてくれる会社は少ないので非常にありがたいです。

   また私の行っているバリュー平均法でポジションを取る場合、104.8093円と105円では作るべきポジションが97通貨違うため、その分だけ104.8093円で追加の指値をしておりますが、そちらについては19時現在約定していません。

  

JT〈2914〉が2,200円で約定

 個別株では、JT〈2914〉が2,200円で100株約定しました。年間配当が1株当たり154円ですので、2,200円というのは配当利回りが7%になります。これで2019年のNISA口座の枠が後30万円弱となりました。

 今週は日経平均株価20,000円の攻防の中で個別株がもう少し約定するのではないかと期待していますが、今回の下落が一過性のものであれば、他の個別株は約定しないかもしれません。だからと言って焦って指値を動かすことは絶対にやりませんし、下で待つという戦略を変えるつもりはありません。配当をもらいながら長期間保有するポジションをじっくりと作っていこうと思っています。



金融・投資ランキング

JT【2914】が決算発表

 国内では高配当株として人気のあるJT【2914】が2018年12月期の決算発表を行いました。税引き前損益は前年同期比▲1.3%の5,315億円となりました。2019年度の予想税引き前損益は5,400億円を予想しており、たばこ事業の利益拡大を見込んでいるものの医薬品事業は大幅減益となるとみており、トータルではマイナスになるとの予想です。

 とはいえ、為替の影響による減益600億円を織り込んでのものですので、多少の為替変動は吸収できると考えてよさそうです。

1株配当は150円→154円へ

 今期の決算は減益ながら、1株当たりの配当は150円→154円とわずかながらもあがり、これで16年連続の増配となりました。

 また2月8日~4月22日の間で500億円または2,300万株を上限に自社株買いを行うということを発表しました。

 どちらも株価にとってはポジティブな気がしますが、配当の増額が少ないと取られたのか、自社株買いの上限500億円を2,300万株で割ると2,174円となることから現在の株価が割高だと判断されたのかはわかりませんが、今日の株価は前日比▲59円の2667.5円で引けました。

配当利回りは5.77%に

 1株配当がわずかながらも上がり、株価が下がったことにより、本日終値での配当利回りは5.77%になりました。

 今日の日経平均の下落を見ていると、NYダウ次第(海外勢の仕掛け次第)では3連休明け火曜日の日経はさらに下がる可能性も高いと思います。

 JT【2914】は配当利回り6%で購入したいと思っていますので、現在の値より約100円下の2,566円に指値をして待ちたいと思います。配当が150円のままなら2,500円でないと買えなかったので、しばらくは購入できないかと思っていました、2,566円なら可能性があがるので楽しみです。  



金融・投資ランキング

このページのトップヘ